横浜ラブクラブへ、まずはご登録を!

東京・横浜エリアの交際倶楽部の中でも、超ハイクラスの会員様が多数在籍する、横浜ラブ倶楽部。
当クラブへご登録いたきますと、理想的なお相手との出会いを効率よく超スピーディーにセティングさせていただきます。


横浜ラブクラブへ会員登録をご希望の方は、下記の登録フォームに必要事項をご記入の上、ご登録くださいませ。
追って、当クラブの担当スタッフからご連絡させていただきます。
面談は、東京・横浜をはじめとする関東エリアのいずれかのオフィスで行います。
その他、ご質問・ご相談など、わからないことや不安に思っているなどあれば、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
きちんとご理解、ご納得いただけるよう、丁寧にご説明させていただきます。


会員様を理想のお相手とマッチングし初回のデートをセッティングするまでが、当クラブのサービスとなっております。
2回目以降どうするかはお二人の自由です。会員様の中には、運命の出会いをされた方もいらっしゃいます。
柵のない自由恋愛を楽しみたい方も、真剣な出会いを求めている方も、自分の理想の出会はどんなものなのか、当クラブのマッチング専門スタッフに思いの丈を全部伝えてください。
当店が独自に開発したマッチングシステムにて、お互いの理想がマッチするお相手を探しだし、ご紹介させていただきます。
横浜ラブクラブでの出会いが、あなたの人生をすばらしいものにすることと信じています。

会員登録はコチラからどうぞ!

お名前

フリガナ

ご年齢

メールアドレス (必須)

電話番号

最寄り駅

ご経験
 あり なし

身分証

※下記の身分証は()のものが必要となります。無い場合はご相談ください。
・外国人登録証(永住権付き・定住者・永住者・日本人の配偶者)
・在留カード(永住権付き・定住者・永住者)
・住民票(本籍地記載)と顔写真付きの物(タスポ・卒業アルバム・社員証・住基カード・学生証)

面接希望日時
ご質問・ご相談の方はこのまま送信下さい

ご質問・ご相談など

内容をご確認の上チェックを入れてください

以前当クラブ会員だった男性の方から、感謝のメッセージが届きました

“君に出会えてよかった!” わたしは、こちらの「横浜ラブ倶楽部」で知り合った女性と、昨年入籍致しました。
仕事柄、時間にもお金にも余裕がありましたので、何気なく「横浜ラブ倶楽部」に入会し、試しに3 人の女性とのセッティングを申し込み
それぞれの女性と決まった日時にデートをする、軽くお茶をして終了。そんな日々が続いた頃がありました。
「交際クラブは時間つぶし程度」としか思っていませんでした。
そんなある日の3 月9 日、いつもの様にホテルのロビーで待ち合わせをしていると、淡いピンク色のワンピースを着た女性が現れました。
彼女と目が合った瞬間、何故だかいつもとは違う感情を抱きました。
今思えば、一目惚れですね。午後4 時過ぎだったので、とりあえず喫茶店へと向かいました。
紅茶を飲みながら他愛のない話をし、彼女のプロフィールを、彼女が言える範囲で教えてもらいました。
とにかく知りたかったんです、当時のわたしは必死だったんですね。連絡先を交換して、交通費をいつも以上の金額でお渡ししました。
その日の夜、彼女からお礼のメールが入っていました。携帯の画面を見て、つい笑みが零れてしまう自分。
そして、何通かメールのやりとりをし、次回デートする日時を決めました。
2 回目のデートは彼女の希望で、「よこはま動物園ズーラシア」に行きました。
わたしは正直動物は苦手でしたが、彼女の楽しそうな笑顔が見れたらそれで満足でした。 お腹が空いてきたころ、昼食に向かいました。
横浜のブランド豚肉はまぽーくをふんだんに使用した、はまぽーく生姜焼き定食を2 人で1 つずつ注文しました。
注文してからオーダーが届くまでの間のことです..。「 わたし、実はシングルマザーなんです!」
いきなりの彼女のカミングアウトには驚きました。彼女は当時29 歳で、小学生の息子がいました。
彼女のお母さんと彼女、息子との三人暮らしをしていたそうで、息子のことは母親に任せて、彼女は必死に、昼はアパレルの仕事
夜は呑み屋で、数年間毎日働いていたそうです。そんな生活が何年も続き、体調を崩してしまってからは夜のお仕事を辞め
それから 生活費に困ったそうです。そんなときたまたま見つけたのが「横浜ラブ倶楽部」のHP。
「お茶やご飯、デートにいくだけでお小遣いがたくさんもらえる」という女性向けの言葉につられて、迷わず会員登録したそうです..。
それから、わたしたちは出会いました。いきなりの彼女のカミングアウトには驚きましたが、真剣な眼差しを、今でも覚えています。
そんな彼女を支えたい・独占したい・守ってあげたい、と思い、出会ってまだ2 回目ではありますが、交際がスタートしました。
交際を始めると同時に、わたしと彼女は交際クラブを退会させていただきました..。
それからもデートを何度も重ね、息子と3 人で出かける機会もでき、お母さんにもご挨拶しました。
そして会う度に、彼女の笑顔に惹かれていきました。
出会って丸一年経った3 月9 日、薔薇の花束の中にこっそり結婚指輪を忍ばせ、彼女にプロポーズしました。